2012年05月11日

あれからケツたちは何かを信じてこれたかな

120508_2028~03.jpg私はここ最近ずっと肛門が痛い。
まあ正しく言うと、痛かった。

パンツの中にオスのカマキリ2匹とメスのカマキリが1匹いて、その1匹のメスを取り合い2匹のオスのカマキリがずっと戦っていると言えば、だれにも伝わるだろうか?

正確に言うと肛門ではなく肛門周りが真っ赤だった。

なりはじめの頃M字開脚でシャワーをあてた時は、あまりの痛さに声もでず、M字開脚のまま宇宙兄弟のごとく風呂の天井にむけてスリーツーワンロケットだった。

この間福井に帰ったときたまたま、痛いのはたまたまではなくてケツなのだが、親父がまったく同じ症状で1ヶ月苦しんでいた事を聞いた。

病院に行こうか迷ったが1ヶ月くらいで完治したそうだ。

俺は色々な薬をためした。

一般的に言うなら

ケツテイスティング

ケツソムリエ

とでも言うのだろうか。

しかしいまいちなにを塗ってもきかなかったので親父になにを塗って治したか聞いてらこう答えた。

俺か?俺はずっと
オロナミンC塗ってて治ったな。

オロナミンC?

うん、オロナミンC

おそらくオロナインだとは思ったが、あえて修正もせず聞いていて、あとで母ちゃんに聞いたら、お父さんはずっと昔からオロナインの事オロナミンCって言うんやわー。
って言っていたので笑った。

ケツが痛いだけで毎日は倍つらい。
健康に感謝。
posted by 村松ショータローとニューインディアンデスロック at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。